『社会文化研究』投稿・編集規約

(2009年12月12日改正)

1.『社会文化研究』の性格
① 『社会文化研究』は学会機関誌として、研究活動の成果を掲載する。
② 研究領域は「社会文化および関連分野の研究や普及」に関するものとする。
③ 発行は年一回とする。

2.投稿の資格

① 投稿資格は社会文化学会会員、その他編集委員会が必要と認めた者であること。ただし、原則として、前年度に応募論文等が掲載された会員は除く。

② 投稿時点で、当該年度の会費を納入済みであること。

3.投稿の受付
① 投稿希望者は、3月末までに編集委員会に投稿申し込みを行う。
② 申込時に、原稿の種類、仮題、内容の概略を知らせること。
③ 投稿論文の締め切りは、5月10日とする。

4.投稿の条件
① 原稿は『社会文化研究』の主旨に沿ったものとする。
② 本誌に発表する論文等は、他に未発表のものに限る。

③ 原稿の種類は提起、研究論文 、研究ノート、翻訳、調査・資料、紹介、書評、その他とする。
「提起」は「社会文化および関連分野」の現状に対して問題提起を行う論文とする。
「研究論文」は「社会文化および関連分野」に関する理論・現状分析・歴史についての論文とする。

5.原稿量

① 原稿字数はおおむね次のとおりとする。
提起・研究論文・翻訳 20,000字
研究ノート 16,000字
調査・資料・紹介 12,000字
書評  2,000字
ただし注や図表も上記枚数に含める。

6. 原稿提出方法
① 原則としてメールの添付ファイルで提出すること。
② 原稿はできるだけWordファイルで提出すること。Wordファイルを使用しない場合は、テキストファイルで提出すること。
③ 原稿提出の 際には、原稿の種類 を明記し、現住所、電話、FAX番号、Eメイルアドレスを付記する。

7.審査の公正を期するための投稿上の注意
① 原稿には氏名、所属等を記入しないこと。
② 論文中に投稿者名が判明するような記述を行わないこと。

8.投稿原稿掲載の採否、ならびに編集
① 原稿掲載の採否 は、編集委員会が投稿論文審査規約にもとづく審査を経て決定し、投稿者に通知する 。
② 論文の採用 可否は、7月初旬までに 決定し通知する。
③ 編集方針は、『社会文化研究』の主旨に沿い、また「新しい多元的・創造的な社会文化形成」に寄与する方向に沿って年度ごとに決定する。

9.投稿規約 の改正
本規約の改正は総会において決定される。