社会文化研究 第18号
市民運動の記録と記憶 -時代をアーカイブする-

no18
発行:2016年1月20日
定価:本体1,800円(税別)
最新号(第18号)は晃洋書房が発売元となり、全国の主要書店や大学生協及びインターネット書店にてご購入頂けます。

特集 市民運動の記録と記憶

  • 特集にあたって
    山嵜 雅子
  • <運動の主体>と記録資料に向き合う主体的条件  -沖縄・伊江島における阿波根昌鴻資料-
    小屋敷 琢己
  • 市民運動の記録を考える -アーキビストの視点から-
    平野 泉
  • 運動・人びと・資料の関係をめぐって -シンポジウム報告へのコメント-
    大門 正克
  • 市民が政治に登場するとき -「三・一一以降」の可能性-
    武田 和夫
  • 市民運動を記録する営み
    山嵜 雅子

論説

  • 商業アニメーション制作における「創造」と「労働」 -東映動画株式会社の労使紛争から-
    木村 智哉

研究ノート

  • 連帯と共済 -一九世紀フランスにおける共済運動の展開-
    小西 洋平