社会文化学会第23回全国大会
2020/12/13 web開催

開催日時:2020年12月13日(日)9:30~17:30
開催方法:オンラインによるライブ型開催(zoomビデオコミュニケーションズを活用しての開催)
参加費:無料(会員・非会員共通)

参加申し込み

大会参加には事前申し込みが必要です。
下記の申し込みサイト「こくちーず」よりお申し込みください。

募集URL : https://www.kokuchpro.com/event/taikai23/
募集期間 : 12/6(日)〆切り

社会文化学会第23回全国大会プログラム

自由論題(9:30~12:30)

第1室

司会:加野 泉(名古屋工業大学)

  • 報告1 中国に見るインターネット公共圏の研究―Weibo公共圏を分析対象として
    桑 艶(名古屋大学大学院学生)
  • 報告2 新型コロナウイルス流行下における危機意識―中国雲南省大理ペー族自治州鶴慶県1村落を事例とした文化人類学的検討―
    雨森 直也(大理大学民族文化研究院)
  • 報告3 国際協力によるヒ素の軽減―南アジア地域における地下水ヒ素汚染とその健康への悪影響―
    Mohammad Shah Alam (シャー・アラム・モハッモド)(日本大学)

第2室

司会:篠原 眞紀子(立命館大学)

  • 報告1 新自由主義から権威主義の批判へ――M.ジェイ・日暮雅夫共編『アメリカ批判理論――新自由主義への応答』の意義
    日暮 雅夫(立命館大学)
  • 報告2 戦争映画批評の時代――岩崎昶、あるいは批評の可能性について
    大月 功雄(立命館大学大学院学生)
  • 報告3 新生児マススクリーニング対象疾患と出生前診断
    笹谷 絵里(花園大学)

第3室

司会:三原 容子(庄内地域史研究所)

  • 報告1 コロナ禍における教育機関の諸問題
    西田 喜一・鬼頭 孝佳(名古屋大学大学院学生)
  • 報告2 ゼミナール教育における「知識運用(思考力:執筆力)向上」実践の取り組み―第16回全国大会(2013年)報告以後のFD教育実践の評価と課題―
    小山 昌宏(筑紫女学園大学)
  • 報告3 塾の質保証と社会的責任―学習権に基づく考察から―
    早坂 めぐみ(秋草学園短期大学)

昼休み&交流(12:30~13:00)

総会(13:00~13:45)

全体シンポジウム(14:00~17:30)

テーマ:コロナ危機下で求められる社会文化

司会:清原悠

  • 報告 1 人の喜ぶのを見て素直に喜ぶことのできる社会のために(藤野一夫)
  • 報告 2 コロナ危機下の恐怖とつながり(仲田教人)
  • 報告 3 人と人がともに在るということ―現場での奮闘から見えてきたもの(南出吉祥)

組織・問い合わせ先

大会運営組織:実行委員長:大関 雅弘(四天王寺大学)
事務局長:三宅 正伸(大阪経済法科大学)

問い合わせ先:E-mail: taikai23@japansocio-culture.com